鹿島市内から肩こりで整体に来られる女性は手の指の関節が痛むと言われる。
腕も足と同じように手首、肘、肩関節といった関節があるが、使い過ぎた場合はいずれかの関節に痛みがくる。
それとこの大きな関節以外にも指の各関節や肩甲骨周辺のも痛みが来ることがある。

かかと

鹿島市内から腰痛で整体に来られた女性は長く立っているとふくらはぎやかかとも痛んでくると言われる。
足には足首、膝、股関節といった関節があるが筋が足のほうに入ってくるとこのいずれかの関節に痛みが出ることがある。
またこれらとはまた別にかかとやつま先にも痛みが出ることもある。

握力

鹿島市内から腰痛で整体に来られる男性は農業でみかんを作っておられるので、収穫の時は特に忙しくひとつひとつ鋏で切り取っていくので、手が疲れるという。
なるほど手が特に親指と人差し指の間が硬く太くなっている。
これだけ筋をここに集めれば他のところが足らなくなってくるのは当然。
肘や肩が痛くなるわけだ。

鹿島市内から肩こりで整体に来られた女性は右の肩は凝るが左の肩はどうもないと言われた。
が、左の肩も右同様の凝りがあった。
これは右が左より症状が強すぎて分からないのか。
左の肩の筋が固まり過ぎて症状が出ていないのかのどちらかだと思う。

ひざ

鹿島市内から膝痛で整体に来られる女性は片方の膝を数年前に手術された。
そのあとしばらくはどうということもなかったが、やがて手術していない方の膝が痛むようになった。
片方の膝を本人は庇った覚えはないということだが、知らず知らずのうちにかばってしまっているのではないか。
そうならざるをえない。

武雄市から肩こりで整体に来られた女性は実家の鹿島で用事があってその空き時間に来られた。
若いころは全然マッサージなど行ったこともなく、体が凝った記憶もないと。
しかし最近はパソコンで仕事をしているので肩こりがあると言われた。
1日中パソコンに向き合っている人には肩こりのひどい人が多い。

手術

鹿島市内から腰痛で来られた女性は膝の手術を両方の足、股関節の手術も両方の足ともしていた。
だから膝も思うように動かないし、股関節もあまり動かせない。
用心して動かしているがあちこちに痛みが走ることが多い。
運動していないと弱るし、動くと痛い。
さて術後はどうしたものか。

かた

小城市から肩こりで整体に来られた男性はもう半年ほど腕が後ろに回らないと言われた。
また腕はしびれているとも言われた。
また腰はたびたびギックリ腰になっているおも言われた。
足をもって持ち上げるとかなり重い。
これはそうとう腰を痛めている。
腕を持って持ち上げるとこれもかなりの重さだ。
筋が腕に詰まっている。
これらの原因を取り除く必要がある。

鹿島市内から足の痛みで整体に来られた女性は、以前から右足が痛んでいたがそのうちに左足が痛んできてそれが腰のあたりまで響くように痛んできて更に足もしびれてきたと言われた。
右足の痛いのを我慢しているうちに左足に痛みがきてそれが足のしびれにまでに時間がたっているので、元の原因のところまでもどるまで少し時間がかかる。

慣れないこと

太良町から足の痛みで整体に来られる女性は慣れない畑仕事をして足が痛んだと言って来られた。
普段しないことをすると全然使っていない筋肉をつかうため体が悲鳴をあげる。
慣れないことは一度に沢山やらずに少しずつやるようにしたい。
そうすれば体が少しずつ慣れてきてあまり体に応えない。