パン食

以前有田から整体に通われていた腰痛の男性は、

お腹をさわるとすごくパンパンに張っていた。

普段の食事を聞いてみると

ご飯は食べないで

パンばかり食べているということでした。

パンはお腹が張る人にはむかないので

ご飯に変えるように言ったら

それからパンを止められました。

そしたら

それからはほとんど腰痛は出ませんでした。

しばらくの間に

もう何年も前に嬉野から整体に来られていたSさんは

父親が有名なプロゴルファーで、結構体が固かったのですが

辛抱強く通われたので

筋肉の弾力性がでてきました。

実家は大阪なので月に一度は帰っていました。

プロの父親が大阪でテレビ番組をもっていたので

Sさんも一緒に出て撮影するため帰っていたのです。

大阪でも時たま通っていた整体があったそうですが

うちに通って半年くらいたってから

大阪の整体に行ったら

「Sさんなんでこんなに筋肉が柔らかくなったんですか?」と

それでSさんは「佐賀に筋を動かす整体があってそこで筋を動かしてもらった」

と言ったら

大阪の整体が「筋って動くんでうか」と

食事

以前佐賀市から整体に来られた刑務官の方は、刑務所の食事のことを話して下さいまし

た。

刑務所のご飯は麦ご飯で、しかも麦が3割も入っているそうです。

白ご飯と比べるとポロポロで美味しくないそうですが、

受刑者はだんだん健康になってこられるそうです。

麦は米より粘り気が少ない分、胃腸への負担が少ないのでしょう。

まあ、麦ご飯だけでなく おかわりも 酒やたばこ

それに間食も一切ないのでしょうから

胃腸にもやさしいのでしょう。

タベモノの食べ方

食べ物に食べ方があることをご存知でしょうか。

これは消化の悪い食べ物の漢方的な食べ方の例です。

たとえば「揚げ物」

揚げ物の油を分解するために酢と香辛料をかけて食べる。

酢が動物性蛋白質を分解し、香辛料が脂を分解する。

スパイスやタバスコや唐辛子で油を分解する。

キウイフルーツやパイナップルも動物性蛋白質を分解する。

よくキウイフルーツやパイナップルを沢山食べると口の中がザラザラしてくるのは、

自分の口の中の肉が溶けている状態。

 

 

風邪

寒くなると風邪が流行る。

ずっと昔は寒いから風邪になると思っていました。

でも、それでは寒いところ人達はみんな風邪をひいていなければならない。

漢方には「内因なくば外邪これを侵さず」という言葉があります。

内因とは内部の原因、外邪とは外的要因。

内部の原因とは、寒い時期に腹部を冷やすような冷たいものを食べたり、飲んだりするこ

と。

腹部を冷やすと、本来腹部にあるべき熱は上昇して、喉や頭に達してノドのイガイガや頭痛

となりやすい。

カタイカラダ

柔軟性のある体とそうでない体の違いはどこでしょうか?

骨がカタイのでしょうか?

いいえ、骨はもともとカタイ。

関節がカタイのでしょうか?

関節がカタクなる前に、その関節を支えている筋肉に問題がある。

筋肉がカタイのでしょうか?

筋肉の中の筋に問題がある。

筋はどうしたら良いか?

まず骨に絡みついた筋をはずす、次に筋と筋の絡みつきをはずす、そしてその筋を移動さ

せる。

体操すれば柔らかくなるのでしょうか?

筋をはずした後なら、少しずつ柔らかくなってくる。

筋を調整

体の筋は動かし過ぎても、あるいは動かさなすぎても状態が悪くなる、

動かし過ぎた場合は、筋が引きつる。

動かさなすぎた場合は、筋が骨にくっつく。

丁度良い位に動かせれば、良いので座るがそこがなかなか分かりずらい。

自分で心掛けられるのは、柔軟体操をする時など反動をつけた動きを、反復してし

ない。

前屈になりやすいので、反らす動きを時々する。

筋トレは八分くらい。

鹿島市で整体をはじめて、29年目に入りました。

当初は天一流整体術という、おもに筋肉をほぐして体の状態を好転していく整体

だったのですが、十数年間やってみて解剖学的にいう筋肉へのアプローチでは、い

かに時間と労力を使ってみても、体の状態を好転させていくことに限界を感じまし

た。

そこで、筋肉の中の筋にアプローチする施術をやっている方法をやっている方に出

会い、いろいろ筋に関することを教わり、なぜ筋肉にアプローチしても状態を好転

させることができなかったかが分かりました。

それは、筋肉の中の筋が原因だったからです。

当整体に来られるお客様の中にも、体の状態が良い人と良くない人がおられます

が、 体の状態が良い筋の状態が良い

  体の状態が悪い筋の状態が悪い

ということが長年やっていると分かってきました。

それはどういう事かというと、

疲れがすぐとれる   筋の状態が良い

疲れがなかなか取れない筋の状態が悪い

ということになり、または

歳をとっても元気筋の状態が良い

歳並みな体力  筋の状態が悪い

ということになります。

 

坐骨神経痛

鹿島から整体に来られるお客さんの中には、腰痛のかたも多いがよく痛い場所を検証してみると、案外それは坐骨神経痛だったりする。

当然腰痛と坐骨神経痛では、整体の内容も違う。

腰痛は腰椎周辺の筋肉の緊張がみられるが、坐骨神経痛にはそれは見られないことが多い。

坐骨神経痛は、骨盤の上の筋肉である大臀筋やその周辺の筋肉の硬直によって起こっている場合が多い。

これらをほぐすにも又その周辺の筋肉の緊張を和らげる必要がある。

北海道

鹿島から整体来られるお客さんの中には、もともとの出身地が違う人が多い。

今年来られたお客さんの中に北海道出身の人がいた。

ギックリ腰で来られたのですが、たしか午後に来られた。

なんと午前中にほかの整体に行ったそうで、何にも良くならないと嘆いておられた。

しかも料金は 当整体の2倍だった。

入って来られた時から体が傾いていたので、かなり痛そうだったが1回でかなり良くなったので良かった。