ぎっくり腰

この頃の整体のお客さんは、ぎっくり腰で来られる方が多い。

正月明けで体の筋が膨れたり、縮んだりした影響だろうと思う。

冬は寒さで筋が縮み、また布団の中で筋は膨れるを繰り返す。

上手に全身の筋が融通し合えば、何も問題はないが、体の中でも使う筋は良く動くものの、

使わない筋は骨にくっついているので、動けない。

そのため一つの体の中に、筋の余った部分(凝りの部分)と筋の足りない部分(引きつった

部分)が出来る。

丁度 着心地の悪い服を着た状態だ。

こんな状態では,いつ ぎっくり腰を起こしてもおかしくはない。

常日頃から筋の状態を良くしておくことが好ましい。

ホーム