噛み方運動

鹿島の整体のお客さんと話していて、噛むことについての話題になったついでに「噛みかた

運動」について調べました。

アメリカの栄養学者、ホーレス・フレッチャーが自らの体験によって開発した健康法です。

といっても、特別難しい健康法ではなく、だれでも、どこでも、いつでもできる、きわめて簡単な

食べ方健康法です。

  • 食事法

①食事は、食欲が起きたときに摂ること。

②空腹でないときには、食事を摂らないこと。

③愉快で、楽しい食事の時間をもつこと。

④食事の前や食事中にやたらに飲み物を摂らないこと。

⑤食べたいと思うものを食べること。

⑥食べ物はよくかんで食べること。

⑦食べたくなかったら、途中でも食べることをやめること。

という、目新しいほどの健康法ではありませんが、習慣づけて実行すると、減量にも、体質改

善や病気予防にも効果があるとされています。

  • 効用

消化・吸収にたいへんよい

食欲が起きると胃液が分泌され、腸の動きも活発になるため、前述の①を守ると、食べ物の

消化・吸収が非常に効率よく行われます。また、下痢や便秘の治療としても、これは大原則です。

空腹でもないのに食事を摂ると、胃液の分泌や腸の運動が不活発なために、消化・吸収がき

わめて悪く、また無理に血液を胃や腸に送るため、ほかの器官への血液のめぐりが悪くなり、

不快感、不活発の原因ともなります。②を守ることは、そうしたことを防ぎます。

③の「楽しい食事」は内臓の働きを活発にします。ということは、栄養素の吸収が効率よく行えるということで、これも意外に忘れられている原則です。

食前のワインやビール、食事中のスープ、みそ汁は食欲を亢進させますが、食事中に水やお

茶、清涼飲料水をガブガブ飲むと、胃液が薄くなり、消化が悪くなります。

④は、とくに子供に守らせたい原則です。

⑤は目で見たものを食べたいと思うのではなく、「からだが要求するもの」という意味です。か

らだが欲するものは、その人に必要な栄養素なのです。夏は酸味を、冬は甘味を求めるよう

に、これは自然のバランスともいえます。しかし、決して偏食のことではありません。

フレッチャーは百回かみなさい、といっていますが、それほどではなくとも、⑥は消化・吸収の

ために大切なことです。

無理に食べることは過食のもとです。とくに中年以降は、⑦を守り、腹八分の原則を守ること

が、成人病予防の第一歩となります。

  • 利用法

規則正しい生活とともに

この健康法を実施するときは、まず規則正しい生活のリズムをつくることからはじめます。

・朝は食事の一時間前に起き、食欲を起させる。低血圧、便秘ぎみの人はもう少し早めに起き

て、軽い運動をすると食欲が進む。

・昼間は昼食以外にはあまり間食をしないこと。潰瘍の人は牛乳程度にし、夕食を早めに摂る

こと。

・夕食はできれば太陽が空にあるうちが望ましい。夜遅く、寝る間際に摂ると、過食でなくて

も、栄養分が体内に蓄積されて、肥満の原因ともなる。

・忙しくても、せめて夕食は一家で楽しく摂った方が、からだの新陳代謝を活発にさせる。

ホーム