肩こりと筋

鹿島市内、市外より整体に来られる方で肩こりの人は多い。

肩こりはなぜ起こるか?

筋調整の立場よりいいますと。

本来 肩にあるべき筋が肩でないところに移動しているため。

ということになる。

ではどうして肩の筋は肩でないところに移動したのか?

それは人間の筋が、より使われているところに移動していくという性質をもっているため。

たとえば、よく鍛えたサッカー選手やバレー選手の太ももが並はずれて大きいのに対し

その腹部は細くなっているのを見たことがあると思う。

これは腹部の筋が太ももに移動している典型的な例です。

また腕を鍛えて太くしている人の肩周辺が引きつっているように見えるのも、

肩の筋が腕に移動している状態です。

筋が不足しているところは、ちょうどサイズの小さい服を無理やり着ているのと同じです。

するとその部分は、血行が悪くなり不調なっていきます。

トップページ