マクロビオティックの手当て

鹿島で整体をはじめてから一時は整体(正体)に合わせて、正食(マクロビオティック

)も広められないかと考えたこともある。

食養には数々の手当てがある。代表的なのは、芋パスター、里芋をすりおろして一割の生

姜おろしと混ぜ合わせ同量の小麦粉と混ぜ合わせる。里芋のでんぷん分子の大きさは、炭

水化物の中で一番小さく容易く皮膚から体内に入る、体内に入った里芋のアルカリ成分は

体内の酸化成分を中和する。よって全ての炎症性症状に効果がある。

ホーム